旅レポ特集

め ぐ る

1,461 views

世界文化遺産の島「黒島」で「御朱印めぐり」がスタート

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産として登録された、西海国立公園 九十九島のひとつ「黒島の集落」を題材にした「オリジナル御朱印」がもらえるイベントをご紹介します。

オリジナル御朱印台紙は全部で6種類

御朱印台紙は、「黒島天主堂」「黒嶋神社」「興禅寺」をモチーフにデザインしてされていて、カラフルでレトロな雰囲気がとってもかわいい全部で6種類。
①黒島天主堂 晴れバージョン
②黒島天主堂 雨バージョン(雨の日限定配布)
③黒島天主堂 冬限定(冬季期間限定配布
④黒島天主堂 リニューアルオープン記念(天主堂リニューアルオープン時期限定配布)
⑤黒嶋神社
興禅寺
全部揃えて並べたい!

そして台紙の文字は、佐世保にゆかりのある方や有名な書道家の先生が書いてらっしゃって、実は「黒島天主堂リニューアルオープン記念版」の文字 は、新元号発表時あの「令和」を書いた茂住 修身(もずみ おさみ)さん。凄すぎる。

台紙に押印された印もオリジナルデザイン

黒島天主堂と黒嶋神社の御朱印には、オリジナルの印が押されています。

天主堂は建物正面上部にある、ステンドグラスの形がモチーフ。

黒嶋神社は古(いにしえ)の黒島へ向かう移住者をイメージしてるんだって。神秘的で素敵★

黒島ウェルカムハウスで配布中

全て「黒島ウェルカムハウス」で配布してくれますが、ルールがあります。
①黒島天主堂・黒嶋神社・興禅寺に行って行ってきた証拠として写真撮影。
(必ず第三者が見て各々の場所と分かるところを撮影します。又当日ご自身で撮影したものに限ります。ネット等からの引用した写真、別の日に撮影したものは無効となります。)
②黒島ウェルカムハウスで各スポットの写真をスタッフさんに見せてください。
③スタッフさんの確認がとれたら、行った場所の御朱印に日付を手書きで入れてくれてゲット出来ます。

キリシタンの島としての印象が強い黒島だけど、古いお寺や神社もあって、「黒島オリジナル御朱印」を眺めながら黒島の思い出にひたりたいな。

黒島ウェルカムハウス】観光案内所と直売所を併設
住所:佐世保市黒島町8-4 電話:0956-56-2311
営業時間:9:00~17:00 (物品販売: 10:00〜16:00)休日:不定休
ホームページ:http://kuroshimakanko.com/

御朱印めぐりにおすすめなのが、ウェルカムハウスで借りることができるレンタサイクル(1時間300円)。
島には公共交通機関がないので、島内散策は自転車がベスト!電動アシスト自転車なので、坂道もラクラクです♫「御朱印めぐりにレッツゴー!」

この記事も読みたい!

★「キリシタンの島 黒島へ行ってみよう!」〉

★世界遺産「黒島」への行き方♪〉

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

この記事のキーワード

佐世保

御朱印帳

黒島

黒島天主堂