旅レポ特集

み る

619 views

「俵ヶ浦半島」で見つけた#映えスポット7選!時間を忘れてゆったりと歩いてみよう。

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

長崎県北部に位置する「俵ヶ浦半島」。西側には世界にも認められた風光明媚な景観として知られる西海国立公園「九十九島(くじゅうくしま)」、東側には旧日本海軍の軍港として発展した歴史を持つ「佐世保港」があります。
豊富な海の幸が活き活きと暮らす大自然と、明治から続く歴史に囲まれた俵ヶ浦半島には、ここだけにしかない魅力的な景色や近代化遺産を見ることができます。そのどれもが“映え”るものばかり!
そんな“映えスポット”の中から、今回は特にオススメしたい7つをピックアップ。
時間を忘れてしまうほどゆったりとした時間が流れる俵ヶ浦半島をゆっくり歩きながら、最高の瞬間をタグづけしてみてください♪

1. 「展海峰(てんかいほう)」から眺める九十九島の絶景
#展海峰 #九十九島 #絶景


俵ヶ浦半島の中部・下船越町にある「展海峰」は、九十九島の絶景と季節の花々が楽しめるビュースポットです。
ゆるい坂道と階段を登った先にある展望台からは、180度ぐるりと南九十九島の景色を見渡すことができます。双眼鏡などは設置されておらず、絶景のみが眼下に広がる贅沢なつくりはここならでは。吹き抜ける風と海の香りを全身に浴びながら、雄大な自然を感じてください。
ちなみに時間帯によっては、遊覧船が九十九島のあいだを通る光景が見られることも。設置してある案内説明版に接近時刻表が記載されているので、チェックしてみて!


昼間もステキな景色を楽しむことができますが、もう1つオススメしたい時間帯が夕暮れ時!この通り、九十九島の島々を照らす美しい夕陽がとてもキレイなんです。まるで言葉になりません・・。
多くのプロカメラマンたちも愛する最高の景色。これはとんでもなく“映え”ますね!

2. 「展海峰」菜の花とコスモス
#展海峰 #コスモス #菜の花


展海峰の魅力は九十九島の景色だけではありません。駐車場すぐそばにある円形花壇に広がる花々もまた、多くの人々が愛する“映え”スポットなのです。
春(3月下旬~4月上旬)には菜の花の黄色いじゅうたんが春の訪れをお知らせ。


秋(10月中旬~下旬)には可憐なコスモスが咲き誇ります。ピンクや赤、紫のグラデーションがとてもキレイ・・。どちらもその数、約15万本
一歩足を踏み入れると、そこはまるで花の迷路のよう。ファンタジーの世界です。

花の開花状況は、佐世保市役所ホームページでチェックできますよ。

3.「半島キッチン ツッテホッテ」のローカルフードとドリンク ※休業中です(2020年11月現在)
#展海峰 #俵ヶ浦 #半島キッチンツッテホッテ #drink #food


まだまだありますよ、展海峰の“映え”スポット。続いてご紹介するのは、駐車場すぐそばにあるお店「半島キッチン ツッテホッテ」です♪店名の由来は、地元漁師による一本釣りの海の幸“釣って”と、豊かな畑で育った山の幸“掘って”から。


その名の通り、採れたての地元食材を使った“美味しくて映える”オリジナルメニューが味わえます♪


豊富な種類の魚介類が多く生息する近海とともに育った地元漁師が、一本釣りにこだわって獲った鮮魚と、九十九島の恵みを受けたミネラル豊富な畑で育ったジャガイモを使った「フィッシュ&チップス」600円(税込)。魚の種類は日替わりなので、季節の旬ごとにさまざまな魚が味わえるのも魅力です。スパイシーソルトが効いたジャガフライは、外はカリカリ中はホクホク!海と山の美味しさが一度につまった一皿です。


こちらは人気メニューの1つ「俵コロッケ」1個160円(税込)、4個セット600円(税込)。九十九島の豊かな海で育った海の幸と、海のミネラルをふんだんに取り込んだ土で育った農産品をふんだんに使ったメニュー。コロンとした可愛いコロッケのなかには、彩り豊かな地元食材がぎっしり♪
写真は、磯の香り高いヒジキを使い、梅の香りを添えたライスコロッケ。レモン香るジャポネソース、アオサの香りのクリームソース、玉ねぎの甘みたっぷりのボロネーゼ3種類のソースを使用したコロッケもあります。


また、素材の色をそのままに活かした“映え”ドリンクも充実。見た目の可愛さはもちろん、身体にもウレシイ♪  写真は、俵ヶ浦半島特産の柑橘類でつくった濃厚なシロップをスカッとしたソーダといただく「かんきつ蜜ドリンク」390円(税込)。


店内のイチオシ撮影スポット♪カウンターから見渡せる、まるで絵のような九十九島の景色と一緒にとっておきの一枚を!


美味しくてフォトジェニックなオススメスポット「半島キッチン ツッテホッテ」でした♪

 

その他、詳しい情報はこちらの記事をぜひご覧ください♪
▼▼▼
九十九島の絶景と俵ヶ浦の優しい味に癒される「半島キッチン ツッテホッテ」

■半島キッチン ツッテホッテ ※休業中です(2020年11月現在)
住所:佐世保市船越町403
電話番号:0956-28-3241
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日、年末年始
駐車場:あり
SNS:公式サイトあり

4.コバルトブルーの海「白浜海水浴場」
#俵ヶ浦 #白浜海水浴場 #海

佐世保で一番の広さを誇る「白浜海水浴場」は、毎年夏のシーズンはもちろん、その美しい景色の“映え”っぷりからオールシーズンで人気の撮影スポットです。2006年に環境省の「快水浴場百選」に選定されたことでも知られています。
さらさらとした白い砂浜と、九十九島が浮かぶ透き通ったコバルトブルーの海のコントラストがとても美しい!
夕暮れになり、夕陽が浜辺を染めていく光景は感動もの・・。佐世保の超人気サンセットビュースポットの1つです。
海水浴場のすぐとなりにはキャンプ場もあり、特に夏のシーズン中は多くの人で賑わいます。そこから眺める海辺は、また違った表情を見せてくれてとてもキレイですよ!
ぜひお気に入りのカメラを持って、最高のショットを狙ってみてくださいね。

■白浜海水浴場
住所:佐世保市俵ヶ浦町3506
電話番号:0956-28-6099(期間中・白浜海浜センター)/0956-24-1111(期間外・佐世保市公園緑地課)
営業時間:7月第2土曜日~8月20日 9:00~17:00(平日)/~18:00(土・日・祝)
入場料:大人(中学生以上)410円、小学生260円
駐車場:あり
SNS:なし

【コロナ拡大防止の対応】 令和2年は入場料無料
・海水浴場の更衣室・シャワー室を閉鎖しております。
・コインロッカーは利用できません。貴重品の管理は各自でお願いします。
・海の家でのゴザの貸出はしておりません。
・駐車場、トイレはご利用いただけます。
・屋外に仮設の足洗い場をご用意しております。
※白浜キャンプ場でもシャワー室を閉鎖。

5.「花の森公園」の桜ロード
#桜 #花の森公園 #俵ヶ浦


思わずつい立ち止まってしまうほどの美しい桜ロード!ずっと見ていると吸い込まれてしまいそうです。「花の森公園」では、広大な敷地内で四季折々の花々を楽しむことができます。カンヒザクラ(1~3月)やカンザクラ(3月)、シダレザクラ(3~4月)といった桜をはじめ、フジ(4~7月)やアジサイ(6~7月)、ヒガンバナ(9月)やスイセン(12~4月)まで、その数は約20種類以上佐世保屈指の人気お花見スポットです。


咲き誇る美しい花々と、青い海と緑の島々のコラボレーションはうっとりしてしまうほど“映え”!お弁当を片手に、ピクニックに訪れてみるのも良いですね。

■花の森公園
住所:佐世保市野崎町2738
電話番号:0956-22-6630(佐世保観光情報センター)
営業時間:なし
定休日:なし
入場無料
駐車場:あり
SNS:なし

6.日本遺産「丸出山(まるでやま)観測所跡」
#日本遺産 #俵ヶ浦 #丸出山観測所跡 #絶景


こ、このUFOのような謎の物体は一体ナニ~!?とってもインパクトのあるビジュアルですが、実はこれ、明治時代に佐世保軍港の安全を守るために造られた「要塞」なんです。その名も「丸出山観測所」といいます。
佐世保港を取り巻くようにあちこちに造られた陸軍の砲台群の1つで、このUFOのようなものは敵がどの方角にいるのかを観測して伝える役割を担っていました。


ここからも、九十九島の雄大な景色を眺めることができます。観測所には小さな扉がついてますので、ぜひ中に入ってみてください。「100年前の人も同じ景色を見ていたのか~」と、深い歴史も感じることができますよ。軍港とともに成長してきた佐世保でしか見ることのできない景色を、ぜひ写真におさめてみて!

※観測所跡周辺の道はとても険しいので、動きやすいアクティブな服装で行くのがオススメです。

 

■佐世保要塞 丸出山観測所跡
住所など、詳しくは0956-22-6630(佐世保観光情報センター)へお問い合わせを。

7.地元の人々がつくったトレイルコースをあるいてみよう!
#展海峰 #俵ヶ浦 #俵ヶ浦半島トレイル #アクティビティ

さて、最後にご紹介する“映え”スポットは、俵ヶ浦半島の地元の方々によって整備された「俵ヶ浦半島トレイルコース」です!

そもそもトレイルコースって?

俵ヶ浦半島には、「野崎町」「庵浦町」「俵ヶ浦町」「下船越町」の4つのまちがあります。コースはそれぞれのまちの生活道路が活かされており、「野崎町ごちそうトレイル」「庵浦町お遍路トレイル」「俵ヶ浦町歴史遺産トレイル」「下船越町水神山神トレイル」というテーマで地元の方々によって整備されました。


その長さは7.5㎞~10㎞!時間にすると1時間半~2時間ほどの本格的なコースです。古くからある俵ヶ浦半島の原風景や花々、史跡をすみずみまで巡ることができます。どのルートからチャレンジしようかワクワクしますね♪


▼▼▼こちらから、各トレイルマップのPDFデータをダウンロードできますよ。とってもわかりやすくて、コースをイメージしたロゴマークのデザインがとってもカワイイ~♪
ゆったりと歩いてみよう 俵ヶ浦半島トレイルおすすめコース


どのコースも、九十九島と佐世保港に囲まれた自然や歴史を存分に堪能できてフォトスポットもたくさん♪アクティビティで爽やかな汗を流しながら、いっぱいシャッターを切っちゃいましょう!

また、毎年菜の花とコスモスの時期には展海峰をスタート&ゴール地点に、ウォーキングイベントも開催されています。
当日は決まったコースを参加者全員で歩きます。展海峰では、地元特産品やお母さんたちによる手作り料理の販売などが行われ、まちの人々との交流にも心やすらぐイベントです。

イベントの情報は「俵ヶ浦半島の魅力発信!チーム俵」公式サイトにてチェックすることができますよ。

俵ヶ浦半島へのアクセス

【車の場合】
佐世保市街地からおよそ30分ほど。SSKバイパスを経由し赤崎・船越方面へ、県道149号線をずっと進んだ先にあります。

【バスの場合】
佐世保駅前から西肥バスで、バス停「俵ヶ浦」にて下車。時刻表はこちらから

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

この記事のキーワード