45 views

NINE様ご確認

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

#02 世界のチーズとのマリアージュを楽しんで
@ワインダイニング NINE(ナイン)

続いて訪れたのは、四ヶ町アーケードから程近い、シューズセンター通りにある「ワインダイニング NINE(ナイン)」。佐世保の飲み屋さんが多く並んでいる通りです。

階段を上り、扉を開けると…、わぁ♡大人な雰囲気のステキな空間!店内は広々としていて、窓側はテーブル席になっています。テーブルもいいけど、今日は、カウンター席でマスターとのおしゃべりを楽しみながら飲もうかな♪

こちらは店主の日下部(くさかべ)さん。長年、飲食店経営に携わってこられ、ソムリエの資格だけでなく、チーズプロフェッショナル、SAKEディプロマと3つの資格を持っていらっしゃる、まさにプロフェッショナルな方!!だから、こちらのお店では常時300~350種のワインに加え、本格派のチーズや日本酒も楽しめるのです♡この日はいらっしゃいませんでしたが、女性のソムリエールさんもいらっしゃるそうですよ。

いい香りがすると思ったら、一品目が運ばれてきました~!↑こちらは「姫サザエのブルゴーニュ風」(1,200円)。フランスの郷土料理、“エスカルゴのブルゴーニュ風”をモチーフにしたユニークな一品です。サザエが乗っているお皿も、エスカルゴ専用のプレート♪実はこちらのメニュー、日下部さんがフランスでエスカルゴのブルゴーニュ風を食べた際に、これを日本のサザエで代用できないかと考えたものだそうです。フランス料理と日本の食材のコラボなんですね♫

味つけにも本格的なエスカルゴバターを使われていて、殻から出してみると、湯気とともにガーリックとバターの香りが~♡食欲そそられまくり!もう、美味しい予感しかしません。

いただきまーす♪…ハ、ハフッ、おいひい~♡」エスカルゴならぬ“姫サザエ”は、佐世保朝市で仕入れているのだとか。新鮮なサザエは、旨みも濃厚でたまりません!もしかしてエスカルゴより美味しいのでは!?

合わせていただいたのは↑「シャンパーニュ・ドゥラモット」グラス1,200円。“至高のシャンパーニュ”といわれる「サロン」の姉妹メゾンのもので、注いだ瞬間に立ちのぼるキメ細かな泡となめらかな口あたりが特徴です。グラスがこの価格でいただけるのは、かなりリーズナブルかもしれません。

続いて、出していただいたのは「里村牧場のチーズを使った盛り合わせ」(1,500円)。お皿にはさまざまな色と形のチーズが5種類も♫奥からコンテチーズ(フランス)、ミモレットチーズ(オランダ)、テット・ド・モアンヌ(スイス)、カマンベールチーズ(フランス)、そしてブラックペッパーがかかっているのが、佐世保市の里村牧場で造られている「カチョカヴァロチーズ」。スライスして、香ばしく焼いてあります♪

合わせていただいたのは、「ドメーヌ・オヤマダ BOW!」グラス800円。こちらは、山梨県産のマスカットベーリーAという品種でつくられた日本ワイン。色調は淡く、ピノロワールのような軽さと甘い香りが特徴です。普段ワインを飲まない方にもおすすめしたい、非常に飲みやすいワインだそう♫

里村牧場のチーズ、クセがなくて食べやすい!」イタリアのカチョカヴァロチーズも味見させていただきましたが、それよりもまろやかで、ミルキーな味わいでした。日本のワインには、日本(佐世保)のチーズかな…♡他のチーズも、それぞれに特徴があって、ワインが進む、進む!!フルーティなワインとの相性も抜群です。

日下部さんいわく「チーズとワインは飲んでいて疲れない」のだそう。やはりワインとチーズは最高のマリアージュ♡なんですね。お店には常時20種類以上のチーズがあり、今回出していただいたチーズの他にも、ブルーチーズや、ヤギやヒツジのミルクで造られたチーズもあるそうです。実はワインだけでなく、カクテルやウイスキー、日本酒にも合う!というから驚きですよね。チーズ以外にも、前菜、肉料理、パスタ料理など、いろんなメニューが揃っているので、いろんなお酒と楽しんでみてくださいね♪

ワインダイニング NINE(ナイン)
住所:佐世保市上京町7-14
電話番号:0956-24-9990
営業時間:19:00~深3:00
店休日:月曜休
駐車場:なし
SNS:フェイスブック・インスタグラムあり

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

この記事のキーワード