53 views

万津6区で寄り道【後編】ランチ&ビアスポット

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

佐世保でいま話題のエリア「万津6区」。【前編】に引き続き、スタッフが気になるスポットをご紹介していきます。
【前編】の記事はこちら→万津6区で寄り道【前編】BRICK MALL SASEBOでカフェタイム  

RE PORT(リポート)

おっ!早速、ビルの1階にかわいいお店↑を発見しましたよ♪

こちらはBRICK MALL SASEBO(ブリックモールさせぼ)横の路地にあるカフェレストラン「RE PORT(リポート)」。店名の RE と PORT の間にスペースがあるのは、“港(PORT)に帰ってきてほしい”、という意味が込められているから。「船たちが戻ってくる“港”のような場所でありたい」という、なんとも佐世保らしいネーミングです。

わぁ、いい香り♫」お店に入ると、オープンキッチンから美味しそうな香りが漂っていました。店内は、履物を脱いで上がるスタイルになっているので、靴はここで脱いでくださいね。

内装は「佐世保」をテーマにしていて、カーペットの青は海、カウンターや壁のグレーは海上自衛隊の護衛艦、窓の外にある黒松は九十九島を表現しているそうです。なるほど!いわれてみれば佐世保カラー!

こちら↑はランチの「リポートプレート」(1,200円)。メインの肉料理は月替りで、取材時は、地元ブランド豚を使った「西海ポークのジンジャーソテー」でした。おいしそう…♡料理でも佐世保を感じてほしいと、食材はほぼ全て地元のものを使っているそうですよ。新鮮な野菜がたっぷりで、女性にはうれしいですね♪

柔らかくて美味しい!しかもごはんが進む!」と、カレがあっという間にたいらげてしまいました。ガツンと肉料理は、男性ウケもバツグン!です。

こちら↑は、大人気のカフェメニュー「気分のシフォンケーキ」(600円)。“気分の”という名前のとおり、季節によってフルーツなどのトッピングが変わります。取材時は生クリーム&春いちごでしたが、初夏になると、レモンや桃も登場するとか…♡カットではなく、小さなワンホールというのがうれしいですね♫

いただいてみると…「ふんわりして、おいしいー♡」卵の風味を感じるフワフワの生地は、しっとりしていてクリームとの相性もバツグン♪無限に食べられそうな美味しさでした。ぜひ、お店オリジナルのブレンドコーヒーと一緒に味わってくださいね。シフォンケーキは売り切れてしまうこともあるそうなので、どうしても食べたい!という方は、早めのご来店がおすすめです。

キッチンを切り盛りするのは、店主の中尾さんをはじめ、元気な女性スタッフさんたち。中尾さん(写真右)は熊本出身で、ご主人との結婚をきっかけに佐世保へ来られたそうです。佐世保の印象を聞いてみると、「すべてがコンパクトにまとまっていて住みやすいまち」だそう。料理に使う食材も、新鮮でおいしいものが多いとおっしゃっていました。

店長の中尾さんいわく、店内で地元のイラストレーターの作品を展示したり、月に一度、ゲストを招いて講演会を行ったりなど、佐世保ならではのイベントにも力を入れているとか。興味のある方はお店のフェイスブックやインスタグラムをチェックしてみてくださいね♫

RE PORT(リポート)
住所:佐世保市万津町2-12-1F
電話:0956-23-1120
営業時間:11:30~17:00(OS16:30)
ランチタイム11:30~14:30(OS)
店休日:火曜休
駐車場:なし

Gustare(グスターレ)

再びBRICK MALL SASEBOに戻って、次に訪れたのは、佐世保で唯一のクラフトビアバー「Gustare(グスターレ)」。土日祝日は15:00からオープンしています。

扉を開けると、「おぉ、ちょっと異世界…」。まるでアメリカ西部のバーにでも来たようなワイルド&オシャレ空間です。手前にはテーブル席もありましたよ♫

お店で揃えているビールは、約17種類。そのほとんどが国内産で、店主の山田さんいわく「日本の酒蔵で造られる個性豊かなビールを選んで」仕入れているそうです。ビールサーバーが6つなので、その日味わえるのは、そのうち6種類。ジャンルが偏らないように、チョイスしているとのことでした。

オススメを注いでいただき「カンパーイ!
カレが注文したのは、アメリカ人がよく注文するという「ギネス」。16世紀からアイランドで生産されている黒ビールで、コーヒーのようなしっかりとした苦味と、後味のほのかな甘味が特徴です。(※ビールは各650円/チャージ料金なし)

このクリーミーな泡がたまりませんよね♪一緒に↑「ビアソーセージ」(600円)もいただきました。やっぱりビールにはソーセージ!実は5本とも味が違って、チョリソー・ハーブ・カレー・黒胡椒・あらびきと5つの味が楽しめます。

おいしい♡ビールが進んじゃう!」カレの方はもう2杯目を注文しそうな勢いです。フードは他にも、ミックスピザ、ドライフルーツ盛りなどがありましたが、持ち込みもOKだそうです。

ちょっとおもしろいビールを飲んでみませんか」と、山田さんが何やら緑色の液体をグラスに注ぎ始めました。え!?ナニナニ?と思ったら、その正体は佐世保の特産品「世知原茶」。お茶とビール!?合うんですか?

こちらが、世知原茶とドイツのビール「ハイネケン」をブレンドした、その名も「世知原茶ピルスナー」(650円)。表面はクリーミーなビールの泡、なのに、下はしっかり緑茶の色…。一体どんな味がするのでしょうか。

んー、お茶の香り♡しかもスッキリした味わいで飲みやすい!」世知原茶の渋みとビールの苦味が調和して、意外に美味しい♡これはビールの新しい味わい方かもしれません。

ビール以外にも、カクテルが豊富に揃っているので、ビールが苦手な方でも大丈夫。女性にはスムージーが人気だそうですよ♪いろんなビールを少しずつ飲んでみたいという方には、小さめのグラスで3種のビールが楽しめる、お得な「飲み比べセット」(1,300円)もオススメ。ぜひお好みのビールを見つけてみてくださいね!

■Gustare(グスターレ)
住所:佐世保市万津町2-8
電話:080-3998-7016
営業時間:月~金19:00~深0:00
土日祝15:00~深0:00
店休日:無休
駐車場:なし
SNS:インスタグラムあり

今回ご紹介したお店以外にも、万津6区にはステキなお店がいっぱいあるので、ぜひ歩いて散策してみてくださいね♡

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

この記事のキーワード