18 views

すぎmoto様ご確認

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

#02 ワイン&トークで愉しいひとときを
@Wine&料理 すぎmoto

続いて訪れたのは、「Wine&料理 すぎmoto」。こちらも市内中心部、先ほどのイオ・ロ・マネッジョが入っているビルの1階にあります。

こちらは落ち着いたバーの雰囲気。カウンターの向こうにはずらりとワイングラスが並んでいます。お、黒板にメニューも書いてありますね。早速、おすすめ料理を注文してみました♫

まずはこちら↑「九十九島殻付き牡蠣」(850円)。佐世保の冬の味覚といえば、やっぱり九十九島かきですよね。オリーブオイルやトマトを加えたオリジナルソースでいただきます。では、シークワーサーを絞ってと…「んー♡とろける~!」独特の臭みもまったくなく、ソースが牡蠣の旨味を引き立てています!生が苦手な方には、焼き牡蠣、または蒸し牡蠣にしてくれるそうですよ。

ここでお待ちかね、ワインの登場です!グラスに注がれたのは白ワイン。店主の杉本政勝さんいわく、牡蠣には酸味やミネラル香のある「白」がよく合うそうです。

いただいたのは、↑Bourgogne Blanc Cuvee Saint Vincent(ブルゴーニュ ブラン キュヴェ サン ヴァンサン)というフランスのブルゴーニュ地方原産のもの。(グラス 900円)「シャルドネ種」という品種のぶどうを使ったワインだそうです。

九十九島かきには、酸味が強すぎず、柔らかみのあるシャルドネを合わせました」と杉本さん。通常、生牡蠣には酸味の強いワインを合わせるそうですが、九十九島かきは臭みが少なく旨みも濃厚なので、酸味が柔らかい方が合うのだとか。

ワインと料理の相性のことを「マリアージュ」と言いますが、↑この組み合わせは、最高でした♡

カウンター席にいると、杉本さんの軽快なトークが楽しすぎて、時間を忘れてしまいそう。おいしいワインや料理はもちろんですが、杉本さんとのおしゃべりを楽しみながらいただくのが、すぎmotoスタイルなのです。

某有名ホテルのフレンチレストランで修行し、ハウステンボスの迎賓館に勤めたのち、佐世保での独立を決めたという杉本さん。ソムリエ歴28年目。ワインに合う食事は、奥様の真由美さんが担当されているそうですよ。おっと、またいい香りがしてきました♫

わぁ、おいしそう♡次に出していただいたのは、↑「九十九島かきの燻製」(650円)です。毎年、コレを楽しみに来る方もいるほどの人気メニューで、牡蠣が苦手な方にも好評なのだそう。食べてみると…、「これは絶対、ワインに合う!」焼き牡蠣よりも旨味が凝縮された感じで、まさに癖になるおいしさでした。

ワインは↑Stark Conde the Field Brend 2017(スターク・コンデ ザ・フィールド・ブレンド 2017)(グラス900円)をいただきました。南アフリカ原産の辛口ワインです。

杉本さんいわく、「燻製には、しっかりした味のミネラル香が強いワインが合う」とのこと。このワインは、強い燻製の香りを和らげてくれるのだそうです。

これまた最高のマリアージュ♡口の中に燻製の余韻が残っているうちに、ワインをいただくと格別!もう、お箸もグラスも止まりません。
(↑後ろのワインセラーには、たーくさんのワインが眠っていました)

奥にはテーブル席もありました♪ワイン好きな仲間とぜひ!

最後に、厨房を担当されている、奥様の真由美さんにもご登場いただきました。実は奥様もソムリエの資格を持っているそうですよ(シェフ&女性ソムリエは県内初)。真由美さんが手がける、季節感やワインとの相性を大切にした料理と、政勝さんがセレクトするワイン。2つのマリアージュ♡をお楽しみください。

【Wine&料理 すぎmoto】
住所:佐世保市下京町10-7 シネマ太陽ビル7 101号
電話番号:0956-22-2098
営業時間:18:00~23:00(OS)
店休日:毎週月曜日・第1火曜日
駐車場:無し

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

この記事のキーワード