30 views

イオ・ロ・マネッジョ様ご確認

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

#01 国内外の自然派ワインが味わえる
@ワイン食堂 イオ・ロ・マネッジョ

最初に訪れたのは、佐世保の中心部、京町バス停そばにある「ワイン食堂 イオ・ロ・マネッジョ」。ビルの2階にあるおしゃれなお店です。少々噛んでしまいそうな店名は、イタリア語で「なんとかなるさ」という意味。素敵な言葉ですね♪

店内は奥行きがあり、結構カジュアルな雰囲気。テーブル席もあり、女子会にもよさそうです♪今日はカウンターで“おひとりさま”ワインを満喫するぞー♡

うーん、早く飲みたい!…と、その前に、まずは、ワインに合うお料理を出していただきました。こちら↑は、一番人気の「地元食材を使った7種盛り」(税抜1,200円)。昆布〆鯛のカルパッチョ、サバのコンフィなど、佐世保らしい食材を使ったおつまみがいっぱいです♡季節や仕入れによって内容が変わるそうですが、それもまた楽しみですね。見た目もキレイで、どれから食べようか迷う~♪

店主の青井健吾さんに、おすすめのワインを出していただきました。
まず国内産のワインを味わってみませんか。これは山梨のワインなんですよ
もともと青井さんは、実家が酒屋さんで、酒屋で働いているときにソムリエ(当時ワインアドバイザー)の資格を取得されたのだそうです。ソムリエ歴17年目。お酒の目利きや仕入れはプロなんですね。

お、白ワイン。ん?でも普通の白ワインより、少し黄みがかっているような。実はこのワイン、酸化防止剤(亜硫酸)をできる限り使用せず、無濾過・無清澄で仕上げた、いわゆる「自然派ワイン」とよばれるワイン。この芥子色の濁った状態が普通なのだそうです。

うーん、香りがいい♡一口飲んでみると、酸味があって、後味はとってもフルーティ。ワインと言うと、ヨーロッパや南米のイメージがありますが、日本のワインもおいしいー!口当たりもよく、どんどん進んでしまいます。

共栄堂ワイン(K18FY_DD)グラス〇〇円(税○)、ボトル〇〇円(税○)
山梨県産の甲州種ぶどうを使った白ワインです。ラベルもおしゃれですね。

うーん、贅沢なひととき♡おいしいワインに、料理もどんどん進みます。カウンターで青井さんとのおしゃべりが楽しめるのも、この店の醍醐味。先ほどの「自然派ワイン」について、もう少し詳しく聞いてみました。

自然派ワインはその土地の個性が楽しめるのがおもしろいところです。日本では小さい規模の生産者が多く、本数を確保するのがむずかしいのですが
青井さんいわく、大量生産のワインには混ぜものが入っているものも多いそう。自然派ワイン(=ヴァン・ナチュール)は、原料となるぶどうを栽培する段階から農薬などの人工物をできるだけ使わず、自然に寄り添いながら製造するのだそうです。

へぇ…、知らなかった。お話に聞き入っていると、「冬のおすすめも食べてみませんか」と青井さんが厨房へ。なんと、料理もすべて、ひとりで手がけられているんですよ。ワイン好きが高じて、独学でイタリアンを学んだというから驚きです!

きました!冬のおすすめ「牡蠣とクレソンのリゾット」(税抜1,150円)。小ぶりで濃厚な旨味が特徴の、佐世保特産九十九島かきを使った一品です。ごはんに染み込んだ牡蠣の旨みが、パルミジャーノチーズとも相性バツグン!このWでクリーミーなおいしさ♡は、女性ウケすることまちがいなし!です。

ほかにも、パスタやピッツァなど、メニュー豊富に揃っているので、ぜひぜひ、こだわりの「ヴァン・ナチュール(自然派ワイン)」と一緒に味わってみてください。

【イオ・ロ・マネッジョ】
住所:佐世保市下京町10-7 シネマ太陽ビル 7-201(京町バス停そば)
電話番号:0956-22-3415
営業時間:18:00〜深1:00(OS深0:00)
店休日:日曜休
駐車場:無し

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

この記事のキーワード