旅レポ特集

グ ル メ

29,819 views

佐世保ラーメン特集!第一弾☆佐世保元祖系・貝白湯系・家系&つけ麺

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

お酒を飲んだ帰り道、もしくはたまに突然「ラーメンが食べたーい!」って気分になることありませんか。今回は、佐世保でそんな気分になったら、ぜひ立ち寄って欲しいラーメン屋さんをご紹介します♪今日はラーメン日和~♪

貝白湯スープを味わう、新感覚ラーメン

最初に訪れたのは、佐世保駅からほど近い場所にある「らーめん 砦(とりで)」。大型ショッピングモール させぼ五番街そば、佐世保朝市会場の目の前です。「貝白湯専門店」とは!?気になりますね~。

店内は決して広くありませんが、木のぬくもりを感じる落ち着いた空間。入口そばにはテーブル席もあります。

椅子にかけると、ちょうど目を引く位置に手描きのメニューが!!「砦」自慢の創作ラーメンが種類豊富に揃っています。どれどれ…焼海老ペースト入りの「超人的海老潮」(880円)に、渡り蟹入りオマール海老とトマトのビスク風「吟醸」(980円)、え?「来世は公務員になりたい」(880円)!?何だか気になるメニューがいっぱいです。

「うちのラーメンは動物性のダシを一切使っていないからヘルシーですよ」
と話すのは、店主の川尻さん。砦のスープは、アサリ、牡蠣、帆立貝、そして市内針尾地区で獲れる全国的にも珍しいマテ貝など数種類の貝と野菜でダシをとり、大豆成分で白濁させるという独特の製法。これぞ“貝白湯(かいぱいたん)スープ”!!ローカロリーで女性にはうれしいですね♪

わぁ♡貝がたくさん!
こちらは、貝白湯スープが存分に楽しめる「」(780円)。上に乗っている具は、ホタテと赤マテ貝の燻製、アオサ、ネギ、揚げネギ、そして佐世保バーガーの老舗店「BigMan」の特製ベーコン!佐世保人なら誰でも知ってる、あの美味しいベーコンじゃないですか~♪貝白湯にはコレが一番合うそうです。

スープは見事に真っ白。まずはスープをいただいてみましょう。
わ、わっ、これがラーメンのスープ!?…というくらい実に上品で、洋食のスープをいただいている気分です。これは、新しい…。

麺もいただきまーす♪あぁ…美味しい。
麺をすすると、スープに溶け込んだダシの旨味が強く感じられますね。さらに揚げネギの甘みや香り、アオサの風味も相まって、すするごとにいろんな味が口いっぱいに広がる感じです。

続いて、もう一品いただいちゃいました。こちらは冬季限定、県内産のうちわ海老を使用した「味噌」(時価/980~1,280円)です。使うのは佐世保朝市で仕入れた“活きうちわ海老”。丸ごと一匹入りま~す♪

「味噌、お待たせしましたー!」お兄さん、笑顔が弾けてます↑↑

おぉ~♪湯気とともに、すでに海老の香りが立ちのぼっています。うちわ海老と味噌の相性はバツグンなんですよね。

こちらも、いただきまーす♪
思った以上にうちわ海老のエキスが出ていて美味~っ!貝白湯スープがベースになっているので、うまみが何層にも感じられます。味噌のコクがたまりませんね~。海老の身も残さずいただきました。

でもまだ終わりじゃありません、“食後のお楽しみ”があるんですよ。それが「ダンクライス」!残ったスープにごはんを入れて雑炊風にしていただくのですが、入れるのがただのごはんではないのです!例えば、「砦」のスープには「バジルソースとチーズごはん」(150円)、「味噌」のスープには「山イモとろろとウニ醤油ごはん」(200円)など、そのスープに合う特製の味つけごはんが用意されています。食べてビックリ!「砦」は、イタリアンリゾットになっちゃいました。

取材中、軽快なトークで楽しませてくださったお二人。最後に「ジャニーズ風に撮って」とのリクエストにお応えした一枚がこちら↑。間違いなく、佐世保のアイドルです♡
佐世保朝市会場の向かいということもあり、朝は6時30分から営業されていますよ。朝メニュー「朝の塩ラーメン」(500円)もぜひ食べてみてくださいね。

らーめん 砦(とりで)

住所
佐世保市万津町7-11
営業時間
6:30~9:30(OS9:00)
12:00~15:00(OS)
17:00~21:00(OS20:30)
※スープがなくなり次第終了
店休日
日曜休(臨時休業あり)
駐車場

 

長年愛されてきた、佐世保のご当地ラーメン

続いて訪れたのは、佐世保駅から徒歩10分ほどの場所にある「お栄さん」。昭和30年創業、佐世保で半世紀以上愛されてきたお店です。当初は屋台のラーメン屋さんでしたが、現在は戸尾町交差点そば、アルファビルの1階にあります。

店内はどこか懐かしい食堂の雰囲気。大相撲中継が流れているところがいいじゃないですか。お客さんは、長年通っている年配の方から学生さん、家族連れなど本当にさまざま。幅広い層の方に愛されているお店なんですね。

さぁ、どれにしようかな~♪メニューは実にシンプル。
今回は王道の「ラーメン」(580円)と、九州人が大好きな「高菜ラーメン」(630円)を注文してみました。皿うどんや焼きめしもファンが多いそうですよ。

こちらは3代目店主の秋吉さん。「うちは昔ながらの屋台のラーメンの味。昔は佐世保駅周辺に8軒ぐらい屋台があったとよ。」
新鮮な豚骨だけを使い、半日かけて仕込むスープは、おじいさんの代から変わらぬ味を受け継いでいるそうです。

古きよき昭和の時代、お父さんたちは仕事帰りに、屋台でこのラーメンをすすりながら、ちょっと一杯…なんてことがあったのでしょうね。

こちらは秋吉さんの妹で、お栄さんの“看板娘”、まりさん。
「ラーメン、お待たせしました」

豚骨スープのイイ香りが食欲をそそります♡具材はチャーシュー、もやし、きくらげの組み合わせが、佐世保の屋台ラーメンのお決まりなのだそうです。

麺は細すぎないストレート麺ですね。それでは、いただきまーす♪
あ~っ、懐かしいっ!やさしい味!私のふるさと、ここにありました。スープはTHE 豚骨って感じなのですが、ひどく主張しすぎないマイルドな味わい。飲めば飲むほど旨みを感じて…ほとんど全部飲み干しちゃいました。

お次は自家製の高菜が乗った「高菜ラーメン」です。

高菜と一緒にいただきまーす♪…合う!合う!やっぱりとんこつラーメンにはコレですね。しかも、この高菜が程よい辛さでおいしい~。メニューには、激辛高菜ラーメン(630円)もありました。辛そぅ、でも気になるぅ。

セルフ方式のおでん(130円)もあります。味がしみておいしそう~♡さすが佐世保のおでん、「天ぷら」(すり身揚げのこと)が充実していますね。

お酒も揃っています。おでんもこれ↑も屋台の名残?かもしれませんね。

夜は深夜3時ごろまで営業されているので、飲んだ帰りに立ち寄ってみてください。やさしい豚骨スープに癒やされちゃいますよ~♪

お栄さん

住所
佐世保市三浦町2-1 アルファプラザ1F
電話番号
0956-25-7674
営業時間
11:00~深3:00ごろ
店休日
火曜休
車場
アルファ駐車場

 

本格派の「家系ラーメン」&つけ麺を佐世保で。

次に訪れたのは「ラーメン 佐世保小淀(こよど)」。
市の中心部、佐世保郵便局本局そばにある人気のラーメン屋さんです。

店内に入ると、食欲をそそるスープの香りが…♡奥にはテーブル席もあります。

大きな鍋でスープを仕込んでいらっしゃるのは、店主の溝口さん。本場の「家系ラーメン(※)」のお店で修行され、5年前に故郷の佐世保でこのお店を開業されました。麺はいまも関東から取り寄せているそうですよ。まさに本場の味が楽しめそうです!
※横浜発祥のラーメンで豚骨醤油ベースのスープと太麺が特徴。

「うちのラーメンは“完全”手づくり!スープだけでも3日間かかるからね。」
小淀の豚骨スープは、7時間煮込み、寝かせて、また7時間、仕上げに4時間…と18時間かけてじっくり炊き上げているのだそう。さらに醤油のかえし(スープで割る前のタレ)も、チャーシューも、味玉子もすべて自家製!と…手間ひまかかってます!!

「こってりとんこつ醤油ラーメン特乗せ、お待たせしました」

わぁ~来ましたよ!おいしそう~♪
お店で人気No.1のこってりとんこつ醤油ラーメン(600円)に、今回はプラス300円で「特乗せトッピング」♡(もやし、味玉子、ほうれん草、のり6枚、チャーシュー3枚増量)。麺は細めんと中太めんが選べますが、本場らしく中太めんにしてみました。

ではでは、いただきまーす!
おぉ~おぉ~、これはウマい!!スープは思いっきり“こってり”かと思いきや、臭みもなく結構まろやかな感じです。そして中太麺が、本当にこのスープに合う♪だしの旨味と醤油がいいバランスで、残さず飲み干したくなるスープでした。チャーシューも味玉子もめっちゃおいしかった~♡

こちらは「ぶし豚骨醤油つけめん」(700円)の特乗せトッピング(1,000円)。
佐世保でつけめんが食べられるって結構レアですよ。つけダレは豚骨と5種類の削りぶしのWスープ「ぶし豚骨醤油」にしてみました。

つけダレはラーメンのスープを濃くした感じです。つけダレによ~く浸して、いただきまーす♪
おぉっ、最初に節(ウルメイワシ・カタクチイワシ・サバ)の風味がフワッときました。豚骨醤油と節って合うんですね!最高においしく仕上がっています。さらに、このもちっとした弾力のある極太麺がたまりません。溝口さんいわく「ズルズルッと音を立てて食べるぐらいがいい」そうですよ。タレと麺を一気にすするイメージで、私もやってみました。うん、ウマいっ!

九州は白い豚骨スープと細麺が定番ですが、豚骨醤油と中太麺の家系ラーメンも最高においしかったです。小淀のラーメンは「こってり、あっさり、辛い、味噌」の4つの味から選べます。自家製“ジャン”を使った辛いラーメンも人気だそうですよ。

ラーメン 佐世保 小淀(こよど)

住所
佐世保市京坪町4-4
電話番号
0956-88-7364
営業時間
11:30~15:00 17:30~23:00(LO22:30)
店休日
第1・3月曜、火曜休
駐車場
提携P有(1,000円以上のお食事)

 

いかがでしたか。ラーメン、食べたくなったでしょ?
佐世保には、まだまだ美味しいラーメン屋さんがいっぱい♪
近日公開予定の第2弾もご期待ください!

みんなに教えよう♪Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

この記事のキーワード

お栄さん

とんこつ

ラーメン

家系

小淀

貝白湯

麺類